2008年02月19日

高齢者のためのインテリア:トイレ

高齢者にとって、トイレはとても大切な住環境の一つです。できるだけ自分ひとりで利用できるような工夫が必要です。

まず必要な配慮として、寝室になるべく近い場所にあること。楽に移動でき、移動中の事故や寝室との温度差が小さいので安心です。寝室の隣りであれば理想的です。

手すりをきちんと設置しておく必要もあります。また、車椅子あるいは介護者引率での利用の可能性もあります。できるだけスペースにゆとりをとり、力の弱い高齢者が出入りしやすいよう、出入り口のドアはスライド式も選択できます。

照明のスイッチ、手洗い器などを低めに設置することも大切です。
posted by 住宅ソムリエ at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 高齢者に適した住まい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/83992904

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。