2008年02月18日

高齢者のためのインテリア:リビング

リビングは生活の中心となる空間です。高齢者だけではなく、他の家族も共に多くの時間を過ごします。

高齢者が生活する住まいのリビングで、まず大切なのは家具や段差にぶつかったりつまづいたりする危険を減らすことです。室内やテラスへの出入り口の段差をなくし、収納家具の奥行きをできるだけ揃えたり備え付けの収納家具にすることで対応できます。

また、できるだけスペースを広く取り、直線での動線を確保すること。家具の配置はシンプルにした方が良いでしょう。

次に照明ですが、やはり高齢者にはある程度の明るさは必要ですが、それよりもちらつき感のないインバータ蛍光灯にしたり、時間や用途に応じて変えられる複数の照明を設置したり、自然光を取り入れるなどの工夫が大切です。

高齢者は高低のある動きが難しくなります。椅子はある程度高さのあるものの方が良いと思います。
明るく、くつろげる空間をつくって、高齢者が家族と時間をより共有できるようにすることが何よりも大事です。
posted by 住宅ソムリエ at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 高齢者に適した住まい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。