2008年03月03日

高齢者に適した照明とは?

よく、高齢者は若年者に比べ2〜3倍の明るさが必要だといわれますが、この明るさが適当なのは料理や読書などの場合で、居住空間のすべてをそうしてしまうと、逆に良くないようです。

高齢になると視力は衰えますが眼のレンズの濁りから光のちらつきやまぶしさには敏感になるそうです。場所や行動の種類、時間帯によって、必要な光の種類が変わってきます。

例えば、高齢者は視覚の順応機能が低下して、明るいリビングから暗い廊下や玄関に行くと暫く周りが見えなくなってしまうそうです。そのため場所により明るさに大きな変化がない、また階段や玄関などは段差があるので手元、足元をしっかりと照らしてくれる照明が必要です。

夜トイレに起きることも多くなります。夜の廊下は暗くては危険ですが、明るすぎると目が覚めてしまい寝付けなくなってしまいます。足元に明るさセンサー付きのフラットライトを2mくらいの間隔でつけると良いようです

高齢者にとっての照明は、ただ明るいというのではなく、より快適で安全に過ごすためのものです。主照明と副照明など複数の照明を組み合わせることで調節できるようにしておきましょう。

肌の老化
posted by 住宅ソムリエ at 00:00| Comment(39) | TrackBack(3) | 高齢者に適した住まい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月01日

高齢者の住まい:ライトセラピーについて

私達人間は、生まれたときから絶えず太陽の光と共に日々過ごしてきました。朝、太陽の光と共に活動をはじめ、夜、闇の訪れと共に眠りにつく。私達の体内にも自然とそのリズムが刻み込まれているのです。

しかし、最近では夜間でも明るい照明がついていたり、日中でも屋内で過ごすことが多く、自然の太陽の光よりも人口の光の下で生活することが多くなっています。

そんな生活をしていても、雨が続くと体調が良くなかったり、夕日を見ると気分が落ち着いたりすることがあると思います。

時代は変わっても私たちにとって太陽の光はやはり大切なものなのです。

そこで、光によって、精神的不調や乱れた体内リズムを整えようとはじめられたのがライトセラピーです。

”セラピー”というくらいですから、本格的な療法やエステなどに用いられたりもしますが、家庭の照明に少し気を使うだけでも効果はあります。

例えば朝、いきなり蛍光灯をつけるのではなく、やわらかな黄白色の光にする。夕方から夜にかけては低い位置に電球の光を当てる。それだけでも良い眠り、よい目覚めが迎えられるはずです。
posted by 住宅ソムリエ at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 高齢者に適した住まい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。